インタビュー記事が Volatile Weekly に掲載されました

Volatile Weekly というMusic News サイトにて、SymLa-3000のインタビュー記事を掲載頂きました (2022年7月18日)。アメリカのみならず、世界各地のバンドやミュージシャンの情報も発信されているサイトです。

元記事はこちら→Volatile Weekly

内容の日本語版をこちらにご紹介させて頂きます。

興味あるかな(笑)、よかったらご覧ください!以下内容です。

_________________________________________________________________________________

Q: 音楽に入ったきっかけは?もし音楽をやっていなかったら今何している?

A: 大好きだったボーカリストたちの歌声。なぜか私もやらないといけないと思った。もし音楽をやっていなかったら、写真家か、画家。

 

Q: 音楽をやっているとき以外は、何をしているのが好き?それらは音楽活動にどんな影響があると思う?

A: 外出して写真を撮ること。 撮れた景色の写真から、その背景や物語を想像したり、感じたりする。そういう経験が少しずつ私の中に積もっていって、現在進行形の物語になっていく。そうすると、曲にせずにはいられない感じ。そういう一連の経験が私をシンガーソングライターにしてくれている。

 

Q: バンドの活動はどれぐらい?

A: 2020年からなので、約2年。

 

Q:(創作の)ベースはどこから来てて、作る音楽にどんな影響を与えたと思う?

A:  主には2000年代のヘヴイ/ラウド ロックやメタル。そこで使われているディストーションのきいたサウンドやギターリフが好き。まったく同じにはできないけど、自分の声にあう範囲で、SymLa-3000の音楽にできるだけたくさん取り入れたいと思っている。

 

Q: バンド名の由来は?

A: 日本語で宇宙を表す「森羅万象」の言葉と、「共鳴する」という意味の英語 “sympathize” の組み合わせ。自分の曲が、リスナーの心と共鳴してくれることを夢見て。

 

Q: 最も記憶に残っているライブは?

A:  残念ながらまだ、SymLa-3000としてのライブはできてない。もしカバー曲を歌ったライブをいれていいなら、日本のメタルバンド「LOUDNESS」のベーシスト山下さんと共演させて頂いた、2016年の京都でのライブ。

 

Q: 演奏するのに一番好きなライブハウスは?演奏してみたいハコはある?

A: リスナーが私と一緒にいてくれる場所なら、どこでも好き。あこがれのライブハウスは、もしNYでならThe Iridium、もしLAならThe Viper Room. 

 

Q: もしどんなライブでもどんなラインナップでも可能なら、チケットには誰の名前が?

A: たぶん、Evanescence とDaughtry。

 

Q: バンドで音楽活動を始めたばかりの人や、まだ若いときの自分にアドバイスするとしたら、何?

A: 気楽にやろう、音楽を楽しもうって言うかな。

 

Q: もし過去に戻れて自分に何かアドバイスできるとしたら、何?

A: 「忘れないで、シンガーソングライターになる運命だということを」

 

Q: 自分の曲の中で、最も意味のあるものは?それはなぜ?

A: ファーストアルバムの中の最後の曲、「The Spectrums」。多くの苦しい思い出が長い間ずっと心の中に残り、それに繰り返し傷つけられてきた。この曲の中で、「過去と決別して前へ行く」と自分に誓っているから。私にとって、過去との決別は最も難しいこと。

 

Q: 演奏するのに最も好きな曲は?また、最もリクエストされる曲は?

A:「On my way」。歌っていると、曲中の風を感じられる気がするから。リクエストしてもらうのは「Monochrome Story」かな。みなさん、どうもありがとう!

 

Q: バンドにとって最もクリエィティブな製作過程は?曲を作るのに、何に最もインスパイアされる?

A: SymLa-3000 は私 Hakula のソロプロジェクト。サポートミュージシャンのみなさんは、私がやりたいことをすごくよく理解してくれていて、とても素晴らしい演奏をくれる。曲を形づくるときは、熱烈にファンなバンドのサウンドやボーカルの歌声にいつもすごくインスパイアされている。

 

Q: 自分の曲を通じて、どんなメッセージをリスナーに感じてほしい?

A: 希望と、勇気と、癒し。

 

Q: バンドで反対意見にあったことはある?そのとき、どうやって乗り越えた?

A: もちろんあった。サポートミュージシャンが何かを提案してくれたときは、じっくり検討するようにしていた。彼らの考えが、私のよりもクールかもしれない。

 

Q: 将来のプランは何?近いうちに何か告知したいお知らせなどはある?

A:  ファーストアルバムを携えたライブはぜひやりたいと思っているけど、いまのところ残念ながら具体的なプランはない。ストリーミング配信にするかもしれないし。とにかく、ライブはぜひしないとね!

 

About SymLa-3000

IMG_5536 - コピースポンジフィルターblue

シンガーソングライターHakula*白桜 による、ギターサウンドをきかせたメロディアスなロック/メタル系楽曲プロジェクト。シンラ3000(スリーサウザンド)の名前の由来は、「森羅万象」と英単語「Sympathize」から。
2020年1月22日よりウェブサイトにて活動開始。ファーストシングル曲「Rejected」はこちら

YouTubeSpotifyInstagramTwitter