Music-9- Hollywood Undead-ハリウッド・アンデッド

★FMラジオで出会った Hollywood Undead のシングル曲 "We Are"

-ラップとメタル?-

身近にファンを見つけることができなくて、なかなかその良さを語れないHollywood Undead 。確実にカッコイイ彼らとの出会いは、FMラジオ。時々あるんですよ、聴き流しているのに、ある特定の曲だけがはっきりと耳に飛び込んでくることが。その時流れていた曲は、シングルカットされていた We are 。圧縮の強い感じのザクザク音にノックアウトでしたね。ボーカルがいくつも重なったラップで、それがメタルと合わさっている。ツボです~。

ラップの歯切れのよいリズム感と、メタル調の音が、見事に融合。流れるようなラップというより、叩きつけて破壊していくようなラップ。ドラムは、重たさだけではなく、鋭いキレが肝っぽいです。

★一番好きなアルバムは American Tragedy

その中からのおススメは、Comin' in hot とかでしょうか。畳みかけてくるリズムが心地よくて、更にしっかりディストーションが効いた音づくりが心地よくて、うっとり聴いてしまう(笑)。

★好みのマスタリングスタイル

My town のサビの、抜け感ある音づくりも好きです。構成している音自体は重いと思うけど、ボーカルの声をはじめ、全体が抜けていくようなシャカシャカした感じ。マスタリングは個人の好みが別れるところですが、私はこういう系統がお気に入りです。

このマスタリングスタイルに似合う声って、やっぱり限られてきますね。

最後にこの " I don't wanna die" を

これ、ピアノで始まる曲調が気に入ってるのですけど、実はすごくすごく怖いシーンを歌っていて。ギャング同士の喧嘩なのか、もめ事なのか…。ふつーに、平和に日本で暮らしている限りは、ちょっとありえないシチュエーション。サビがね。I don't wanna die, you're gonna have to...。ゾゾっ、血の気が引いてきます。

About SymLa-3000

IMG_5536 - コピースポンジフィルターblue

シンガーソングライターHakula*白桜 による、ギターサウンドをきかせたメロディアスなロック/メタル系楽曲プロジェクト。シンラ3000(スリーサウザンド)の名前の由来は、「森羅万象」と英単語「Sympathize」から。
2020年1月22日よりウェブサイトにて活動開始。ファーストシングル曲「Rejected」はこちら

YouTubeSpotifyInstagramTwitter