Music-7- Skid Row-スキッド・ロウ

★初期ボーカルのセヴァスチャン・バックが、大好きすぎる(笑)

-金属音的な固い響きと、ガラスのような透明感-

声が、いいんです。金属音的な固い響きと、ガラスのような透明感。それでいてとても強くて、永遠のティーンエイジャーのような純粋さと、脆さ。いろんなカラーが入り混じって、それで一つの声。まるで、光を反射して七色に輝くように、メロディごとに声のカラーが変わっていく。ハードな歌を歌うとき、声にはどうしても力が入ってしまうので、声にニュアンスや表情をつけることは、たやすいことではないと思います。

★Wasted Time、声の良さが存分に発揮された名曲

-バラードとしての「繊細さ」を前面に出せている表現力-

セバスチャン・バックはごく自然にそれができている稀有なボーカリストだと思います。特に、このWasted Time。彼の声の良さが存分に発揮された名曲です。かなりガッツリとシャウトしているのに、けしてしつこくない。むしろ、バラードとしての「繊細さ」を前面に出せている表現力が、感動ものです。

ボーカリストとしてとても尊敬しているので、ちょっと熱く語ってしまった(笑)。この曲は大好きなので、私もよく練習して歌います。

★記憶に残る曲を挙げるなら、Quicksand Jesusも

こちらもがっつりシャウトしまくりなんだけど、バラード感たっぷりという。Aメロが切ないメロディだからでしょうか。

★音楽的一期一会、バンドという奇跡

-Monkey Business もSkid Row らしさ全開-

バンドというものは、時としてすごい偶然で「これしかない」的な組み合わせが実現しますね。セバスチャン・バックはもうSkid Rowにはいないので、これらの曲が、このまま再演されることはもうない。音楽的一期一会。その瞬間しかない素晴らしいタイミングで出会えたことに、感謝です。

About SymLa-3000

IMG_5536 - コピースポンジフィルターblue

シンガーソングライターHakula*白桜 による、ギターサウンドをきかせたメロディアスなロック/メタル系楽曲プロジェクト。シンラ3000(スリーサウザンド)の名前の由来は、「森羅万象」と英単語「Sympathize」から。
2020年1月22日よりウェブサイトにて活動開始。ファーストシングル曲「Rejected」はこちら

YouTubeSpotifyInstagramTwitter