Music-2- Judas Priest-ジューダス・プリースト

★メタルとの出会いは、Painkiller

これは、衝撃でした。それまで、フツーにポップス聴いてきたんですが。そもそも、そんな私がなぜこの曲を聴くことになったのか。そのいきさつは忘れてしまったけど、衝撃を受けたことは確か。

私の周りにいる大勢のメタルボーカル友達は、この曲を間違いなく目指します。ロブ・ハルフォードが歌うこの曲を歌えることは、アングラの Carry on と並びましてメタル・ハイトーンシャウトの一つの金字塔っぽい。ふつう出ませんよね、このハイトーンでこの強さは。グラハムボネットと並ぶ、超パワフルハイトーン・ボイスです。

★音楽人生の歴史的事件

それで、Painkiller 。第一印象は、「何か叫んでるー!」と、「こんな歌メロってあり?」ってことでしょうか。

とても気軽には口ずさめない、けっこう難しいメロディラインです。ポップスを聴いてきた耳には、ギター音がヘヴィすぎる。リズム隊が速すぎる。こんな音楽、聴いたことない。これがメタルなのか…。

かっこいいやん(笑)。

私の音楽人生が大きく方向転換した瞬間といえましょう。歴史的事件です(笑)。

★声の高さがパートの一つとして、ギターやベースともマッチ

これだけ叫んでいるのに、全体として綺麗にまとまっている。レコーディングのやり方もあると思いますが、さすがはヨーロッパ系メタル、様式的な美しさを感じてしまいます。

★メタルはかっこいい

Painkiller は衝撃の一曲でしたが、そのあと聴いたこの Leather rebel は大好きな一曲。疾走感あるサビ、リズミカルなギターリフ、音の渋さ。メタルはかっこいいと、強烈に印象づけてくれた曲だと思います。

About SymLa-3000

IMG_5536 - コピースポンジフィルターblue

シンガーソングライターHakula*白桜 による、ギターサウンドをきかせたメロディアスなロック/メタル系楽曲プロジェクト。シンラ3000(スリーサウザンド)の名前の由来は、「森羅万象」と英単語「Sympathize」から。
2020年1月22日よりウェブサイトにて活動開始。ファーストシングル曲「Rejected」はこちら

YouTubeSpotifyInstagramTwitter